幸せ恐怖症の特徴

幸せ恐怖症幸せになることが不安で、いつも幸せになる前にわざと幸せを破壊する「幸せ恐怖症」呼ばれている人たちがいます。この幸せ恐怖症を持っている人は、いつも自分が満たされないことに疑問を感じていますが、「幸せをわざと破壊する」自分が原因だとは気付いていません。幼い頃から満たされない思いが日常化しているため、自分はいつも他人より不幸だと、無意識に思い込む癖があるのです。幸せな自分を想像出来ずに、不幸な自分に依存してしまうのです。

幸せ恐怖症の特徴

ページトップへ