アダルトチルドレンセルフチェック

考え方や感じ方の偏りが原因で「生きづらさ」を抱えている人 人が持つ考え方や感じ方の偏りは、幼少期の家庭環境や成長過程によって形成され、その人の性格を作りだしています。今ご自身がどんな心理状況にあるのかチェックしてみましょう。

1 ものごとを最後までやり遂げることがむずかしい。
2 自分に自信がない。他人より劣っていると思う事が多い。
3 自分に対して過酷な批判をする。
4 自分は生きている価値がないと思う。
5 人生を楽しむことが下手である。
6 他人と親密な人間関係を持てない。
7 嫉妬や妬みにおそわれることがある。
8 本当の自分と期待される自分とのギャップに悩んでいる。
9 自由に感情や意見を言ったり、ふるまうことが難しい。
10 褒められるかどうかで、自分の存在価値が決まると思っている
11 自分を必要とする人がいないと不安になる。
12 自分は自分であってはいけないと思ってしまう。
13 怒鳴り声や物音に過敏で過度に委縮する。
14 攻撃的な行動や反社会的な行動をとる事が多い。
15 精神的に弱く、ちょっとしたことで落ち込みやすい。
16 他人の目が気になって行動できない。
17 権威ある人の前に出ると過剰に委縮する。
18 人の言う事にノーと言えない。
19 隠す必要のないことを隠すことが多い。
20 相手が自分をよく思っていないと疑い、防衛的になる。
21 完璧主義者である。
22 自分が自分でないように感じることがある。
23 変化や新しいことに対する恐れが強い。
24 コミュニケーション能力に乏しい。
25 自分でコントロールできない状況が起きるとパニックになる。

チェックリスト項目の合計が15~20点の人は恋愛回避度が高いと言えるでしょう。
【恋愛回避症候群の特徴】
(1)相手以外のものに夢中になり、相手との関係で強く激しい感情を避けたがる傾向があります。そうする事で、相手との関係を親密にしないように自ら距離を置いてしまう傾向があります。
(2)自分を守るため相手に自分を知られないようにする傾向があります。これは相手と密接に関わる事で、相手に利用されたり、追いつめられたりという感情を抱く事に不安を感じる傾向が強く出てしまうためです。心の中では、相手には何も言わなくても察して欲しいという願望が。
(3)様々な方法で、相手との親密な関わりを避ける傾向があります。例えば、怒りや恐怖という感情を相手にぶつけることにより相手を遠ざけようとしたり、沈黙して感情を表に出さないことで成熟した冷静な大人を装おうとしたり、いつも何か忙しい状況を自ら作る事によって、真剣な話し合いなどを避けたがる傾向がみられます。

ページトップへ